素人の簡単なであろう時計作り! 日高

まったく知識のない素人が低予算で時計を作りたいと考えております。

無料で手に入るユニタス6497のCAD間違ってた?。

画像1

このユニタス6497のCADをある独立時計師さんにお見せした所歯車の軸の場所が間違ってると仰っていましたそれ以外はたぶん合ってると思われます、だから結局は自分で万能投影機等で軸の割り出しをやらないといけません。

ある時計製作ユーチューバーの方がユニタスの軸を割り出してCAD作りをライヴ配信をしていましたそこで軸の場所を丁寧に教えてくれていますこれでもう一度ユニタスの軸の変更しCADを試してみたいと思います。

X軸とY軸を記録してみました

香箱 x. 4.494 y. 8.37

2番車は中心です。

3番車 x. 2.374 y.6.287

4番車  y.10.25

アンクル X.6.813 y.7.982

テンプ x.10.114 y.4.293 

後フォーラムでは香箱からガンギまでの歯車の数を間違えてるので自分で作ってくれとの事!て事は裏は合っているんだねほんとかな信じるよ信じちゃうよ。

無題kkkkkk

こちらが正しい歯数みたいです

内緒のあるムーブの計算これを参考に計算してみましよう

画像3

まず香箱以外の歯車だけ掛けるのじゃな次に3番からのカナとガンギを掛けます

無題kkkkkk

2番からガンギは 80x60x70x15 =5040000 になります

3番と4番のカナとガンギの歯で計算するみたいなので   12x10x8  =560になります

5040000を560で割りましょう! なんでてなるけどとにかく笑

無題bbbb

9000!これを2倍すると18000! 18000振動ですね合っています。

オーストラリアのDean DKさんの動画は為になります現在は自国のCNCを使って時計製作をしており更新が待ちきれないです。

 

 

 

2021年時計製作関連で購入できたらいいなもの。

画像1

画像7

画像8

 

画像12

まずはCNCなのじゃこれがあれば様々な部品を作り出す事が出来る中国のアリババcomを漁りまくって見つけたCNC25万円程で手に入るの水冷関連の物とポンプ等も付いてきてオプションで色々付けられます。

アリエクスプレスだと売ってないのがアリババcomには売っていますアリにも同じ物があったりしますがサポートがしっかりしていて対応が優しいです。

この内容だとステンレスのケース作れそうかしら

画像2

 

それと5軸CNCケース作りに向いているこれも同じ価格で手に入るとは思わなかった同じく25万円ほぼ同じ性能なのでステンレスも削れる両方とも100キロで自宅マンションにも入りそう電源も日本で使えます。

画像3

画像13

CNCてこんな感じで部品を削るやつ

 

後は測定器ムーブメントの穴の座標を確認できるモニターに移して位置決めできる測定器を企業に紹介してもらった19万円くらいこれは欲しいだいぶ楽になる。

もう一つは昔ながらの万能投影機これは日本で中古買ったほうが安いヤフオクとかにたまにまります…

中国で新品が20万円くらいで手に入るのでお金があったらこっちを買います。

画像測定器 

自分の紹介してもらったのは小型で古いタイプです。

画像4

画像6

万能投影機?

画像5

 

 

後は旋盤も必要だけれどCNC先に勉強したいし欲しい文字盤やムーブメント部品が作りたいのだ一番のネックだった高価なステンレスも削れる小型なCNCが20万円台で買えるのはありがたい一番最初に買いたいでする

後5軸NC降って来て揃ったら最強でする!こんなに安く揃えられるのは信じられないもっとお金が必要と思ってた中華と時代に感謝です。

CADは何とか覚えたけど機械は触ってみないとわからない事ばかり素人なのでこれから勉強。

画像9

画像10

画像11

ケースをDMMで3Dプリント改善しなきゃいけない所がたくさんでもムーブ画しっかり入ってよかったリューズも合った。

今の時代お金を貯めるのは大変だけれど何とか頑張る。

新作シーブルーダイヤル

ここ最近更新出来なかったのはこの時計を製作する為でした。

メッキ装置を購入してブルーのメッキを綺麗にするのに研究していたら時間がかかりこんなに…セラミックメッキというを見つけたのですがこれが癖のあるメッキで埃までメッキしてしまうのです埃をいかに文字盤表面に埃を付けずに出来るかが難しかったです。

真鍮製の文字盤を100個用意しましたが何度メッキしても上手くいかず泣きそうになりましたボロボロ。

 画像1


けどなんとか上手くいって作品が完成しました文字盤の漬け方と乾燥の仕方で大分改善しました、この文字盤は炭仕上げをしてメッキを付けて閉じ込めているので仕上げの仕方で色んなパターンの文字盤が出来ます。

 

画像3


文字盤のデザインも新しく作りましたソフトはIllustratorです、実は印刷のインクの作り方を勝手に師匠と呼んでいる方に聞きましたら間違いだったみたいで普通の油性塗料にしなさいといわれ変更し印刷しました。

画像2

画像7

画像4

 

今回の時計には名前は作りました。シーブルーですそのまま笑。

画像5

画像6

画像11

f:id:zzaa2368:20201226231016j:plain

画像8

もし興味がある方がいらっしゃいましたら販売も始めたいと思っております作るのにお時間をいただきますが頑張ってやります!。

手作り文字盤 真鍮製 セラミックメッキブルー

針 リーフ針

ケース ステンレス316L サファイアガラス 大きさ41mm  厚さ12mm ラグ幅22mm

レザーは 白のスティッチの入ったスエードです。

ムーブメント 手巻き式 ユニタス6498  

価格 ユニタス6498ノーマル幅の広いジュネーブストライプ 67000円 7本

画像9

ユニタス6498細かいジュネーブストライプ スワンネック 83000円 3本 

画像10

ST3620 5本 38000円

画像13

一応なのですがユニタスのクローンムーブメントST3620を搭載した物も考えておりますそちらは38000円です希望がございましたら言ってください。

自分みたいなのが腕時計を販売してもいいのか正直わかりませんこの世界は凄い人はたくさんいます僕はすべてで劣っていますので本当に自信がないです、ですが自分はたくさん技術を磨いて腕時計を生み出したいと思っていますどうかよろしくお願いします。

こちらで販売を始めさせていただきます。

こんな文章ですが何時も読んで下さりありがとうございます。

 

 https://hidakawatch.thebase.in/


hidakawatch.thebase.in

 aa23685555@gmail.com

 

もし次に作るお金と時間があればこんなデザインの文字盤を作りたいです。

中心にはブルーと模様の仕上げ周りのリングにの穴に黄色の塗料そしてロゴと数字が印刷されます金属は真鍮または洋銀を使います。

画像14

画像15

 

ユニタスベースの35.2mmムーブメント動くかな。

ちょっとした出来心で大きさ37.20mmのユニタスを35.20mmで小型化できないかなーと思ってしまい設計してみましたパーツも今まで通りに使いまわせるし文字盤の足の位置も同じなのです、この機械だとケースのサイズ38,5mmに搭載できるのが利点でするよ~。

まだ心臓部分が終わってないよ!

f:id:zzaa2368:20201105002726p:plain



 

 

しかし動くのかわからない心臓部分のヒゲゼンマイと真ん中の歯車がギリギリで触れたらアウトです何度も調整しましたが自信がない!。

こればかりは試してみないと分からない本当わからない泣

そしてもう一つはケースこれは通常のユニタスムーブメント用です

40mm 真ケース12 v1

素材 ステンレス316Lまたはチタンの予定

大きさは 40mmラグを含めて44mm

厚さ 10.6mm 

風防はサファイアドームガラスかボックスガラスでラグが少し特徴的です適当こうなりました笑。

自分はどうしても40mmのケースが欲しかったのです現在色々とお見積もりをお願いしています。

所で自分なんでCADまで手を出しているんだろうそこまでやるつもりはなかった…。

今日は疲れた~皆さんも休める時休みましょう。

時計のムーブメントの修正作業だよ。

時計の機械のCADの気になる所があり修正しています、おかしい所はやっぱおかしいですねユニタス6498ベースです。

画像3

後はプレートを好きな形にね!

文字盤もこんな感じです、外は印刷します中には丸いサークルと窪みがありますサークルには仕上げを二つします、炭仕上げとサンドブラストです。

画像2

最近覚えた仕上げつや消し仕上げです

砥石粉とオリーブオイルを混ぜてガラス上で擦ると平面になりマットな仕上げになります歯車がサンバースト仕上げばかり見かけるので自分はこれとブラックポリッシュを組み合わせた仕上げにしたいと思います文字盤にも使えますね。

画像3

 

 

時計の機械をメッキに出してきたけど違うそうじゃない…。

時計の機械をメッキに出してきましたニッケルメッキというやつただ出来上がりが想像してたの違った笑

画像6

画像1

画像2

表面の模様がこんな感じに残るかと思ったけどターミネーターみたいな液体金属感…違うそうじゃない…けどこれもこれもこれでいい表面がぴかぴかなので見える歯車も梨地仕上げのサンドブラストしましたこれで見た目のバランスを整えたとする!どうでしょうか。

画像4

後スワンネックという精度を微調整&安定させる機能を付いたユニタスを買いましたこちらは製品版に搭載する物です。

スワンネックのスワンは曲がりくねったやつが白鳥みたいだからでしたっけ。

画像14

画像3

画像7

後文字盤もメッキに出してブラウンメッキしてもらったのだけれどこっちは模様が残りましたそしたら赤い部分にパンダさんぽいのがいました!。

画像5

後自分の能力で実現できるか分かりませんがロシアの独立時計師コンスタンチェイキンの火星の時間が分かる時計を見て感動してしまって自分はジュピターウォッチというを妄想であったらいいなーって考えました木星の時間と地球の時間が分かる時計です下手糞な絵ですみません笑。

画像8

画像9

画像10

時針と分針を別々するやり方と地球時間の24時間表示にするやり方はたぶん分かりましたただ木星の時間は一日9.55時間なのでそれに合わせて歯車を製作しなくてはいけません10時間だと毎日5分ずれます9.55ですムズそう。

コンスタンチェイキンは地球の24時間と火星の24時間39分35秒の112歯と109歯の二つの歯車を重ねる事によって火星の時間と地球時間を同期し両方の時間を表示する事に成功増した、という事は木星もこれでいけるのではという妄想…地球は針が1周12時間表示にしてその歯車と9.55時間の歯車を合わせたら両方の時間を実現できる?そんな簡単じゃない笑。

画像11

画像12

画像13

SJXさんありがとう素敵記事です!、ちなみにコンスタンチェイキン火星の時計限定8個で19,710ユーロです、ETA 2893-2 GMTムーブメントをベースに使っていますムーブメントを販売もしています。

 

*1

*1:ここに脚注を書きます

初心者にCADまさに苦行!、ムーブメント作りに挑戦?。

急に思いたって絶対に無理だよ…と思いつつこちらのベースムーブメントのユニタス6497のCADデータを使い秒針が位置が違う大好きなユニタス6498作りたいと思います。

画像1

CADソフト自分が使うに限り無料のFusion 360というのを使ってみました商業用に使うとお金がかかるんだって、このソフトは使いやすいと聞いたのでこれにしました。

まずユニタス6497 6498とは…秒針位置が違うのとその為に歯車や巻く部分の向きが変えてある兄弟それだけです!。

ユニタス6497

画像3

ユニタス6498

画像3

画像4

けどCADとやらからは苦手で逃げていましただって普通に生きてたら3Dて分からないもの!。

俺だ

向きがちがうという事は穴の各位置も反対の場所に付いている訳です反対の角度が分からないと正しい位置が分からないこれはパニック!けどネットで角度対称と検索したらいい方法が出てきました 角度が180度までなので180から合わないが出たら180度からその数値を引き算すればいんですこれで反対の場所?が分かります、後はスケッチ寸法という機能で穴の大きさと中心が出てくるのでその中心から穴と他の穴の距離を繋いで穴を作るのもありです。

出た数値はすべてスマホで撮って記憶していきました。

おかしい角度が出たら移動で6497ムーブメントの方を90度回転して同じ所図るすると正しい角度が出ましたもっといい方法があるだろうけど僕の限界です!これをやれば必ずたどり着けますはず…。

きっと他に良い方法いっぱいあるはずです。

 

ぬ

ぬぬぬ

そして完成したのがこちらです表と裏。

ユニタス6497穴も間違えて空けてしまいましたが後で塞げば大丈夫です少し弄っても大丈夫な歯車周りは昔の懐中時計を意識してみましたでする!。

 

次は歯車を抑える受けを作ります!

 

後時計心臓部分を支える部分を炭仕上げをしてみました後は面取りです。

色々な、なんとかなるさ好きかどうかさ。

画像8